わかりやすく!チャンネル(北海道)

わかりやすく!チャンネル(北海道)

いつもの日々を「わかりやすく!」でハッピーに

ホーム » 旅のレポート » 乗船記(フェリー) » 

商船三井フェリーの新造船「さんふらわあふらの」乗船記(大洗-苫小牧)

記事公開日:2017/06/30
最終更新日:2017/06/30

さんふらわあふらのの船上から(三陸沖)

2017年5月就航!首都圏と北海道を結ぶ海の上のくつろぎの空間「さんふらわあふらの」

「さんふらわあふらの」は、

大洗と苫小牧の間を運航している、

商船三井フェリーの大型フェリー。

首都圏と北海道との間は、

飛行機で移動する人が多いのですが、

ゆったりとフェリーで移動する方法もあります。

今回は、商船三井フェリーの新造船、

「さんふらわあふらの」をご紹介します。

(2017年5月に就航)

スポンサードリンク

出発地は大洗港フェリーターミナル(茨城県)

大洗港フェリーターミナル

↑ 出発地は大洗港フェリーターミナル。
新造船就航の看板が掛けられていました。

大洗港フェリーターミナルの内部

↑ こちらがフェリーターミナルの内部。
(現在は商船三井フェリー専用)

さんふらわあふらのの乗船手続き用QRコード

↑ 事前にインターネットで予約し、
QRコードを印刷しておきました。

大洗港フェリーターミナルの自動チェックイン機(乗船手続き)

↑ QRコードを印刷しておくと、
自動チェックイン機が使えます。

さんふらわあふらのの乗船券

↑ チェックイン手続きを終えると、
カード型の乗船券が発行されます。

さんふらわあふらののお食事券

↑ インターネットで乗船予約する時に、
食事券も予約・購入する事ができます。
(これは朝食・昼食のセット券)

さんふらわあふらのに乗船!

さんふらわあふらのの乗船記念の撮影スポット

↑ 乗船すると乗船記念のパネルがお出迎えしてくれます。

さんふらわあふらのの案内所(インフォメーション)

↑ こちらが案内所。売店のレジと隣り合わせに配置されています。

さんふらわあふらののパンフレットコーナー

↑ 案内所の隣にはパンフレットコーナーが設置されています。

さんふらわあふらのの売店

↑ こちらが売店。5階ラウンジの前にあります。

さんふらわあふらのの売店

↑ 売店内はこんな感じ。おみやげ、軽食、雑誌に、
大浴場で使うためのタオルなども販売されています。

さんふらわあふらののキッズコーナー

↑ こちらはキッズランド。壁で仕切られていて完全防音。

大洗港フェリーターミナルの夕景

↑ さんふらわあふらのは定刻に出航しました。(19時45分)

さんふらわあふらのの客室(コンフォート)

さんふらわあふらのコインロッカー

↑ 客室前廊下にはロッカーがあります。(コイン返却式)

さんふらわあふらのの客室(コンフォート)

↑ コンフォートはいわゆるカプセルルーム。
向かい合わせに4つベッドが配置されています。

さんふらわあふらのの客室(コンフォート)

↑ 上り下りは階段があるのでカプセルホテルよりは楽。

さんふらわあふらのの客室(コンフォート)

↑ こちらが客室(コンフォート)の内部。

さんふらわあふらのの客室(コンフォート)

↑ コンセントもテレビも設置されています。

さんふらわあふらのの客室(コンフォート)

↑ テレビ用のイヤホンとスリッパが置かれています。

さんふらわあふらのの船内設備

さんふらわあふらのの自動販売機コーナー

↑ 船内には複数個所に自動販売機コーナーがあります。

さんふらわあふらのの給湯室

↑ 給湯室も複数個所に設置されています。(カップ麺OK)

さんふらわあふらののコインランドリー

↑ コインランドリーもあります。(もちろん乾燥機も)

さんふらわあふらののベビールーム(授乳室)

↑ ベビールームも設置されています。

さんふらわあふらの

↑ こちらは貴重品ロッカー。(暗証番号式)

さんふらわあふらのの大浴場

↑ 続いては展望浴場。(露天風呂はありません)

さんふらわあふらのの大浴場(パンフレット)

↑ 浴場内は撮影を控えました。パンフレットにてイメージを。

さんふらわあふらのの朝食(レストラン)

さんふらわあふらのの船上から(三陸沖)

↑ 翌朝、船は北上して岩手県三陸沖へ。
この日は終始青空が広がっていました。

さんふらわあふらののレストラン

↑ こちらが朝食会場のレストラン。

さんふらわあふらののレストラン

↑ 角度を変えてもう一枚。席数はかなりありますが、
混み合うので時間になったら早めに行くのが吉です。

さんふらわあふらのの朝食

以下レストランにて撮影した写真をご覧下さい。

さんふらわあふらのの朝食

さんふらわあふらのの朝食

さんふらわあふらのの朝食

さんふらわあふらのの朝食

さんふらわあふらのの朝食

さんふらわあふらのの朝食(ドリンクコーナー)

↑ ドリンクバーが併設されています。(朝食に含まれています)

さんふらわあふらのの朝食(盛り付け例)

↑ 盛り付け例はこんな感じ。朝からバランスよく食べる事ができます。

さんふらわあふらのの朝食

↑ 食後にはヨーグルトとコーヒーをいただきました。

さんふらわあふらのの船上から(苫小牧沖)

↑ フェリーは更に北上して苫小牧沖へ。まもなく着岸です。

苫小牧フェリーターミナル

↑ 苫小牧に到着しました。札幌まではバスの便があります。

以上、商船三井フェリーの新造船、

「さんふらわあふらの」のご紹介でした。

今回乗船したさんふらわあふらの、

大洗19:45 → 苫小牧 13:30 で、

北海道まで約17時間の船旅になります。

一見すると長く感じるかもしれませんが、

長旅を船で過ごすための設備が設置され、

寝ながら移動できるので想像以上に快適。

それは正に海の上のくつろぎ空間。

海を眺めながら北海道への旅、

ぜひ経験してみてください。

今回は、商船三井フェリーの新造船、

さんふらわあふらのをご紹介しました。

さんふらわあふらのの詳細はこちらから

さんふらわあふらのの外観(大洗港)
商船三井フェリー

スポンサードリンク

関連記事

rakutentour-head

飛行機とホテルがセットでおトク!楽天トラベル(ANA楽パック)の予約から搭乗まで
飛行機とホテルがセットでおトク!予約も一度にできる楽天トラベルのANA楽...etc
記事を読む

格安航空会社(LCC)バニラエアの機体

バニラエア(LCC)の新千歳-成田線搭乗レポート
札幌-東京往復で1万円以下!LCCバニラエアの新千歳-成田搭乗レポート ...etc
記事を読む

成田空港から大崎駅へ!ウィラーが運航する成田シャトルの外観

成田空港から大崎へ!ウィラーの「成田シャトル」は新宿・横浜・お台場へのアクセスも便利
ウィラーの新路線はアクセス便利な大崎駅行き 成田シャトルは、 ...etc
記事を読む

ジェットスターの航空チケットをローソンのロッピーで購入する方法

ジェットスター(LCC)の航空チケットをローソンのロッピーで購入する方法(手順)
ローソンで買えるジェットスターの航空券(ロッピーで購入する方法) ...etc
記事を読む

spring-airline-head

春秋航空日本(スプリングジャパン)の新千歳-成田線搭乗レポート
新千歳―成田に春秋航空日本(スプリングジャパン)が就航してLCC4社体制...etc
記事を読む


, , , , , , , , ,